FC2ブログ

えんじぇる屋                 信州・富士見高原の真っ赤なルバーブ

真っ赤なルバーブを特産品にしようと頑張っています。           特産品化への活動や、ルバーブを使ったレシピを ご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ズーラ・本番

10月25日
ズーラの第一回目の本番です。
不安と期待に胸膨らませ、集合場所の富士見駅に向かいました。

定員は10名の予定でしたが、9名になったところで2名の応募があり11名に。
その後、お知り合いに誘われたと言う2名の応募があり、こちらもお受けしたので13名になりました。
大勢の方に参加していただき、感謝とともに緊張します!

091025 zu-ra.jpg
松目のルバーブ生産組合・副会長の神藤さんの畑で収穫体験。
一人10づつ収穫しました。

091025 zu-ra 1.jpg
畑の持ち主の樋口さんが、ご好意で菊の摘み取りをさせてくださいました。
すごくたくさんの種類の菊が植わっていて、参加者のみなさんも喜んでいらっしゃいました。
こんなサプライズは、地元の収穫体験の良さですよね! ^^

091025 zu-ra 2.jpg
場所をペンションに移動して、早速収穫したばかりのルバーブを洗ってジャム用に切ります。
昼食の前に、切って砂糖にまぶして置けば、水分が出てはじめから強火にしても大丈夫。

091025 zu-ra 3.jpg
昼食後のデザート用のクランブルも用意しました。
さて、これがどんな風に変身するのか、楽しみにしていただきましょう!

091025 zu-ra 6.jpg
お食事は、ペンションのオーナーさんにお任せ。
参加者の方々には、ちょっぴり優雅な時間を楽しんでいただきます。

091025 zu-ra 4.jpg
メインは、スパゲティーから古代米のドリアに変更になりました。
スタッフ食もお客様と同じドリアを出して頂き、感激!
ホワイトソースからのぞいている赤いものを「蛸?」と聞いて、ズーラの事務局さんに爆笑されました。 ^^;
角切りのりんごが乗っていました。
あまずっぱいりんごが、ホワイトソースに合っていて驚きでした。

091025 zu-ra 5.jpg
ルバーブをベースにしたドレッシングです。

091025 zu-ra 6_2.jpg
さて、食後はまず、パウンドケーキ作りです。
切って砂糖にまぶしておいたルバーブを解凍して使います。
少し水分を切って入れるのがコツです。
この、砂糖まぶしの冷凍は、なんにでも使えて超便利です。

091025 zu-ra 7.jpg
この日は、親子での参加が一件ありました。
お母様がわたしのブログを見てズーラに応募してくださったとの事。
感激です。
おまけにお知り合いを3名も誘ってくださったそうで、本当に感謝です。

091025 zu-ra 9.jpg
パウンドをオーブンに入れている間に、ジャム作り。
水分の出ていて、卓上のコンロでもすぐにジャムになります。
硬いフキのような茎があっという間に溶けてフルーティーなジャムになります。
この変化を楽しんでいただきたい。

091025 zu-ra 8.jpg
種落しを利用して瓶詰めをしていただきました。
お一人さま、一本のお土産のお持ち帰り。
作ったジャムが人数分より多く出来たので、じゃんけんで勝った方に差し上げました。

さて、パウンドケーキ。
これが、なんと! 膨らみすぎ!!
どうやら卵の分量を倍にしてしまったようです。
何回も何回も焼いて練習しておいたのに、本番で間違えてしまうなんて・・・

参加者の皆さんには、お土産のパウンドを失敗してしまったので、500円の返金をさせていただきました。
あまりショックで、写真も忘れました。

最後の失敗はありましたが、何とか参加者の皆さんには喜んでいただくことができたようです。
この失敗を次回に生かさねば。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。