FC2ブログ

えんじぇる屋                 信州・富士見高原の真っ赤なルバーブ

真っ赤なルバーブを特産品にしようと頑張っています。           特産品化への活動や、ルバーブを使ったレシピを ご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

最近の生産組合、頑張ってます!

最近のルバーブ生産組合、頑張ってます。
首都圏のスイーツ系のお店をランダムに選んで、試供品提供の往復葉書を出してみました。
お返事をいただいたお店に、300~500gのルバーブを送って、試しに使っていただき、販路拡大を目指そうと言う作戦です。

生産者も少しづつ増え、昨年の富士見町全体の生産量は1,000kgを越えました。
今年は、皆さんが株分けをしているため、本気で収穫すれば3倍くらいにはなるはずです。
そこで、富士見町のルバーブのPRのためにも、生産組合として、今年はお店で使ってもらうことに力を入れることにしました。


0906 ruba-bu shikyouhin.jpg

0906 ruba-bu shikyouhin.j2pg.jpg

50枚葉書を出して、お返事をいただいたのが12店。
そのうちの試供品を希望されたのが11店。
注文につながったお店が、現在のところ3件。

なかなか厳しい・・・
でも、着実に一歩一歩進んでいると言う手ごたえを感じています。

もし、反響が大きくって、どっと注文が来たらどうしよう・・・
なんて、心配をしていたのですが、捕らぬ狸の皮算用だったようです ^^;
今年は、5月が結構寒かったですよね。
それがよかったのか、今年株分けをした生産者も多いせいもあって、これからも随時収穫できそうです。
もうちょっと、葉書を送ってみようと、みなさんと相談したところです。



生産組合として、今年のもう一つの目標は「体験事業」
収穫して、ジャムやケーキづくりをして、お土産にするというものです。
生産組合に、ペンションが何件か入ってくださったこともあり、活動に幅が持てそうです。


このブログをご覧になった方から、一緒にやらないかとお声を掛けていただくこともあります。
でも、あくまでも基本は、「生産者と消費者が直接つながること」を目指しています
将来的には、わかりませんが、今のところは自分達の力で販路を探して、直接に使っていただける方と関係を作っていくことに拘りたいと思っています。
どうか、ご理解いただけますよう、お願いいたします。

もし、お店で使ってみたいと言う方がいらっしゃったら、試供品をお送りいたします。
以下までご連絡をお願いいたします。
chiyokoa@po19.lcv.ne.jp

また、収穫体験をしてみたいと言う方がいらっしゃったら、あわせてご連絡ください。
その後のジャム作りやケーキ作りの体験についても、ご相談いただければ応じられると思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。