FC2ブログ

えんじぇる屋                 信州・富士見高原の真っ赤なルバーブ

真っ赤なルバーブを特産品にしようと頑張っています。           特産品化への活動や、ルバーブを使ったレシピを ご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

夏のルバーブ

いつもは今頃は虫食いが多くって燦々たる状態なのに、今年はなぜか結構いい状態です。
120805+繝ォ繝舌・繝・9)_convert_20120809002620
しかし、今はぐんぐん伸びてしまうせいか、茎の上部の緑色が目立ちます。
このままジャムにしてしまうと、茶色がかった赤い色になってしまいます。
赤いのは茎の皮の部分だけ。
中は緑色なので、赤色と緑色が混ざって、茶色っぽくなってしまうんですね。

かといって、味は変わらないのに緑色の部分を切って捨ててしまうのは忍びない!!!!
そこで!
今のルバーブで作る赤いジャム作りをご紹介!


120719+繝ォ繝舌・繝・(6)_convert_20120809002251
上の写真のルバーブでジャムを作ります。

120719+繝ォ繝舌・繝・(7)_convert_20120809002327
茎の下の赤い部分と、緑色の多い部分とを切って分けます。

120719+繝ォ繝舌・繝・(9)_convert_20120809002406
赤い部分だけでジャムを作ると赤いジャムになります。

緑色の部分をそのままジャムにすると、茶色っぽい色になってしまいます。
そこで、写真のように、赤い皮の部分をむいてしまい、緑色だけを残すようにします。
こうすると、きれいな緑色のジャムになります。

一本で、2種類のジャムが作れる夏のルバーブ!
いかがですかぁ~
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。