えんじぇる屋                 信州・富士見高原の真っ赤なルバーブ

真っ赤なルバーブを特産品にしようと頑張っています。           特産品化への活動や、ルバーブを使ったレシピを ご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ルバーブの販売について

生のルバーブの販売について
こうしてネットで申し込みをいただいた場合、1kg 1,000円で販売しております。

基本的に、朝収穫して、その日のうちにヤマトで発送しています。
その際、大変に申し訳ないのですが、>送料はお客様にご負担いただいています。
夏の時期、クールでお送りするようにしておりますので、お客様の負担が増え、申し訳ございません。

また、えんじぇる屋では、消費者と生産者が直接結びつく販路の構築を目指しております。
生産者が、皆様方との信頼関係を築いていき、長くお客様になっていただく勉強中です。

ルバーブを買っていただくことも大切ですが、そこから人と人(都市部と農村部)とのつながりが生まれればいいなぁと考えております。
代金のお支払いについては、ルバーブの納品と同時に振込み先をお知らせし、お振込みをお願いしております。



なお、赤いルバーブは基本的には5月下旬から10月一杯まで収穫ができますが、夏の時期は虫の害も多く、販売を控える場合もございます。
また、気候により生育が異なりますので、お断りすることもあるかもしれません。
どうか、ご理解のほど宜しくお願いいたします。

以上の条件でよろしかったら、下記アドレスまでメールにてご連絡いただければ幸いです.
chiyoko@chiyokoangel.com

富士見町の赤いルバーブをどうぞよろしくお願いいたします。  m(_ _)m

スポンサーサイト

PageTop

5月に入って、ルバーブも、もりもり元気です!!

富士見町の春は、花たちが一斉に咲き始め、とってもきれいです。
5月に入って、ルバーブも、もりもり元気です!!

花がどんどん咲いていて、毎日、花芽取りに追われています。
花芽をそのままにして咲かせてしまうとエネルギーを消耗してしまい、株が弱ってしまいます。なので、なるべく早く摘まないといけません。
風邪をひいて体調を崩している間に、あっという間に大きく育ってしまいました。
20140425_151002_convert_20140701095339.jpg

猫の手も借りたい。
でも、貸してくれそうもない!
20140425_160729_convert_20140701095406.jpg

取っても取っても次から次へと花が咲いてきます。
20140501_104727_convert_20140701095447.jpg

花芽の茎は、ドーナッツ型。中が空洞です。
でも、このくらいやわらかい茎なら、花芽の茎もジャムに使えます。
20140501_104023_convert_20140701095538.jpg

花芽を取る時に根こそぎ取れてしまうことも。
20140501_103635_convert_20140701095517.jpg

段々、面倒くさくなってきて、その量が増えました。
一列やってバケツ一杯。
もったいないので、これでジャムやパイを作りましょう・・・
20140501_104942_convert_20140701095604.jpg

さすがルバーブ! 
摘んで捨ててある花芽が、おひさま目指して起き上がってきています。
ルバーブの逞しさが、私も欲しい・・・
20140501_104826_convert_20140701101338.jpg








続きを読む

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。