えんじぇる屋                 信州・富士見高原の真っ赤なルバーブ

真っ赤なルバーブを特産品にしようと頑張っています。           特産品化への活動や、ルバーブを使ったレシピを ご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ようやく回復してきました!

春一番の花芽を完璧なまでに咲かせてしまったルバーブ。
エネルギーを使い果たしてしまったルバーブですが、鶏糞を追肥したおかげか・・・
少し回復してきました。
DSCN2099_convert_20120622230528.jpg
ぼちょぼち・・収穫・・・ ^^;

DSCN2097_convert_20120622230501.jpg
春先は酸味も強くって一年で一番おいしい時期だと思います。
秋になると、ルバーブの特徴の酸味が少し和らいでしまいます。

「畑から消費者へ」を目指して!

スポンサーサイト

PageTop

先日、ルバーブ生産組合有志で、エンジェル夫婦の慰労会を開いてくださいました!

我が家の赤いルバーブの株を分け初めたのが、平成16年くらいから。
ほんの数人から始めた取り組みが、今年度は会員が50名を超えるほど大きく成長しました。

平成20年には生産組合も立ちあがり、それから会長を務めてきましたが、今年度は会長の座を下させていただきました。
私一人が「ルバーブを特産品にします」と言ったところで、どうにもならず・・・
「ルバーブを作ってみませんか」との呼び掛けに応じてくださった皆さんがいたからこそ・・・
エンジェルが言うから・・・「仕方がないなぁ~」と、思いながらやってこられた方もあると思います。
強引だった点もあったろう・・・
昨年は、町に1トンの納品を約束してしまい、皆さんにどれだけご苦労をおかけしたことか・・・

本当に皆さんには感謝しています。

なのに、先日、有志の皆さんで、夫と私を招待して、慰労会を開いてくださいました。反対だぁ~

皆さんの心のこもった手料理が並び、全種類いただくのに一苦労するほどでした。
おなか一杯! 胸一杯のひと時をいただきました。

DSCN2068_convert_20120619230021.jpg
主食からお漬物、デザートまで、超豪華!!!!!

DSCN2069_convert_20120619230058.jpg
ヘルシーなこんにゃくも手作りです!

DSCN2086_convert_20120619230304.jpg
ルバーブ生産組合に、生産者だけでなく、ペンションが参加してくださったことで、活動に幅ができました。
平成21年に初めて参加した「ずーら」の体験事業では、畑で収穫してから、ペンションの優雅な空間でジャム作り・ケーキ作りの体験事業をやりました。
http://www.zoola.jp/2010/list/cat/food/detail/10-0020/ )

この取り組みは、体験事業をどうやって魅力的なものに作り上げるのか、私たちにとっても、とっても勉強になりました。
この日の会場も、ペンション・ウイッシュさんをお借りして!

DSCN2074_convert_20120619230725.jpg
あまりにたくさんのご馳走で目移りしながら・・・
私の第一皿目!!!!

DSCN2072_convert_20120619230137.jpg
ルバーブ入りのご馳走も並びました。
これは今井さん定番のルバーブピラフ。
ルバーブは、熱を加えるとすぐに溶けてしまいます。それが魅力でもあるのですが、料理しようと思うと形を残すことが難しい食材です。
今井さんは、ルバーブを油で炒めると形が崩れないことを発見!!
さっと炒めたルバーブを料理の最後に戻すのがコツだそうです。
しゃきしゃきしたルバーブの歯ごたえが残って、酸味のきいたピラフです。

DSCN2078_convert_20120619230213.jpg
ルバーブのたっぷり入った贅沢なタルト。
赤い色も鮮やかで、こちらは名取さんの定番・お得意です。

DSCN2076_convert_20120619230646.jpg
きれいな淡いピンク色ですね。
中山さんがルバーブのジャムにクリームを合わせて作ったそうです。
ルバーブの酸味がほんのりして、クリームのこくといい感じです。

DSCN2067_convert_20120619225926.jpg
これが、富士見高校養蜂部とエスポワールの藤木シェフの共同開発。
ルバーブのジュースです。
赤いルバーブと養蜂部のハチミツで作ってあります。
なんときれいな色でしょうか・・・

DSCN2090_convert_20120619230531.jpg
最後に、夫・ジェルミが皆さんに感謝をこめてご挨拶。

こういう仲間に出会えたことに感謝!
だから、富士見が好き!!

PageTop

株わけ後のルバーブ

DSCN1796_convert_20120612230649.jpg
畑に行く途中の井戸尻考古館の前のアヤメ畑は今、とってもきれいです。

DSCN1792_convert_20120612223352.jpg
新し葉が出てきてホッ!

DSCN1793_convert_20120612223434.jpg
「がんばれーーー!!」

DSCN1800_convert_20120612224000.jpg
もう一か所の池袋区の神社前の畑。
こちらも葉が出始めています。

DSCN1808_convert_20120612223534.jpg
畑の一角にイチゴが繁茂しています。
そこだけ開墾するのを残しておいて大正解!
一面に赤いイチゴがなっています。

DSCN1803_convert_20120612223632.jpg
この日は、長男に一輪車で堆肥を運ぶのを手伝ってもらい、残っている部分を耕しました。
疲れて一休みに、甘酸っぱいイチゴのおいしかったこと!

PageTop

富士見高校養蜂部とのコラボ

6月9・10日の両日、富士見高校養蜂部が松本駅・エキナカマルシェ食堂で、「富​士見高校ハニーキッチン」を開催!
「ハチミツの魅力を伝えよう」と、養蜂部員が考案したハチミツを​使った料理を、エスポワールの藤木シェフの監修で皆さんにお披露​目しました。
同時に、富士見町の魅力を知ってもらいたいと特産品を紹介してく​れることになり、「サムデェイ」http://www.oraho-fujimi.jp/​shop/someday.html)の板村さんの車に便乗してお手伝いに行ってきました。

120610+譚セ譛ャ鬧・、願怩驛ィ+(3)_convert_20120612094231
松本駅前の・エキナカマルシェ食堂前で、お客様の呼び込み中!
富士見高校・養蜂部では、卒業したOBやOGが、毎回後輩をサポートして支えています。
「はにービーかれっじ」http://honeybeecollege.naganoblog.jp/
を結成して、活動もしています。
このかわいいエプロンもOGの手作り!
あまりかわいかったので、おねだりしてお借りしました。(ちょっとかわいすぎ・・・^^;)

120610+譚セ譛ャ鬧・、願怩驛ィ+(7)_convert_20120612094331
ルバーブをエキナカマルシェ食堂にジャムにしていただき、出来立てを試食に提供!
(ご協力、ありがとうございました m(_ _)m

サムデェさんが持ってきていたルバーブの株・切って砂糖に一晩漬けたルバーブ、そしてルバーブジャム。
完璧な流れです!!!!!

横では、養蜂部が春のはちみつの試食。

120610+譚セ譛ャ鬧・、願怩驛ィ+(18)_convert_20120612094450
中では、ハチミツグッズや特産品が並んでいます。
お客さまへの対応も元気で気持ちよく、一生懸命さも現れていて好感度抜群でした。

仕入れて行った特産品、おかげさまで売れ行きが良かったです。
ありがとう!!!!

120610+譚セ譛ャ鬧・、願怩驛ィ+(11)_convert_20120612095044
こちらがハニーキッチン
養蜂部考案のレシピを藤木シェフが監修しこの日の運びとなりました。
ハチミツに鶏肉をつけて、揚げる前にもう一度ハチミツに漬けて揚げる「ハニからちゃん」
ハチミツ照り焼きの豚が乗った「ハニー豚どん」
ソフトクリームにハチミツのかかった「ナニハニソフト」
ネーミングも高校生らしくてかわいいですね。


120610+譚セ譛ャ鬧・、願怩驛ィ+(10)_convert_20120612094409
真ん中は、春のしぼりたての高校のハチミツ。
両脇になるのは、エスポワール・藤木シェフ監修による、ジュースです。
左が富士見町の特産・赤いルバーブと富士見高校のハチミツのコラボ
“ルバーブジュース”
です。
なんて美しい色に仕上がったのでしょうか・・・
赤いルバーブ提供については、生産組合にもご協力いただきました!

子供たちの力って、すごい!!!
藤木シェフにも、心から感謝!!!  

120610+譚セ譛ャ鬧・、願怩驛ィ+(29)_convert_20120612094546
どうです
こんなかわいいハチさんや高校生たちに声をかけられたら、一日が明るくなっちゃいますよね!

PageTop

ルバーブ&ストロベリーパイ ~カナダからの長い旅の末~

長男が夏休みでカナダから帰郷しました。
ルバーブを町の特産品にすべく奮闘中の母のために、カナダから「ルバーブ&ストロベリーパイ」を持ってきてくれました。
DSCN1773_convert_20120608233618.jpg
カナダでは、ルバーブとイチゴはとってもぽピュラーなパイです。
昨年、バンクーバーに行った時にも何度か目にしました。


DSCN1775_convert_20120608233519.jpg
長旅を耐えたパイ!
箱も潰れ・・・
厳しく長かった旅を物語っています。


DSCN1780_convert_20120608233429.jpg
もちろん!
アイスクリームを添えて・・・
結構、大きなルバーブの切り身が“ごろん!”と、入っています。

「ああ・・・カナダの味だぁ~」
ちょっと“とろっ”としているのは、コーンスターチが入っているため。
私もまた、挑戦してみよう!!!

母のために運んできてくれた長男に感謝!!



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。