えんじぇる屋                 信州・富士見高原の真っ赤なルバーブ

真っ赤なルバーブを特産品にしようと頑張っています。           特産品化への活動や、ルバーブを使ったレシピを ご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

株分けはお断りしております。 m(_ _)m

このブログから、赤いルバーブの株分けについてのお問い合わせがありますので、お知らせいたします。


ブログの「ブログ開設にあたり」でも書きましたように、赤いルバーブ特産品化は、富士見町の活性化を目的に、はじめました。
私は、遊休荒廃地の削減・化学的な農薬や肥料を使わない農業の普及・新しい流通システムを目的に、知り合いの農家のおばちゃんたちに株を分けを始め、町内に生産者を増やしているところです。
その為に、富士見町内の方でも、その目的に賛同し生産組合に入って頂いた方のみに株をお分けしております

その為、最近特に「赤いルバーブの株を分けて欲しい」という、町外の方からのお問い合わせが多いのですが、どなたも例外なくお断りしております。
大変に心苦しいのですが、ご理解いただけますよう宜しくお願いいたします。  m(_ _)m


スポンサーサイト

PageTop

ジャムのラベルをリニューアルしました!

ルバーブ生産組合のジャムのラベルがリニューアルしました!
多摩市のアンテナショップへの納品もあり、夏の観光シーズンを控え
「もうちょっと、インパクトのあるラベルにしたい」と、みんなで相談。

おらほーの会のチラシでもお世話になった築館さんにデザインをお願いしました。
チラシと連動したかわいいラベルになりました!


100723 rhubarb jyamu.jpg
「赤いルバーブジャムだけじゃ、ちょっと寂しいよね」
「緑と赤いジャムが並んだら、きれいなんじゃない?」
と、いう事で、緑色のジャムを並べてみました。

緑色のジャムにするためには、赤い部分は入れられません。
緑色のルバーブも作っている生産組合のメンバーが、下の赤い部分の皮を剥いて準備してくれました。
ご苦労様!

最初、「青いルバーブジャム」と描いてもらいました。
でも、「これって青じゃないよね!?」
辞書も調べたりしたのですが「青い」がどうしてもしっくり来ない。

かと言って、「緑」じゃ、なんか品がない。

あーでもない、こーでもない・・・・
と、考えた挙句、「うぐいす色」に落ち着きました。

ただ、緑色のルバーブは、赤いものより早くだめになるので、今年はもう作れません!
ごめんなさい。
赤いものは、一時品薄になりますが、あきになったら、真っ赤なルバーブジャムが作れます。

100723 rhubarb jyamu2.jpg
蓋の上から見るとこんな感じです。

100723 rhubarb jyamu3.jpg
蓋の裏側
おらほーの会のチラシでも活躍した「カエル」チャンが、花を添えています。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

PageTop

多摩市にアンテナショップがオープン

7月23日
友好都市関係にある多摩市と富士見町が共同でアンテナショップをオープンさせました。
多摩市の永山駅に隣接するグリナード永山の入り口です。

富士見町としては、都市部に向けた観光拠点として、期待しています。

ルバーブ生産組合でも、ジャムと生のルバーブを納品することになりました。
オープンにあったって、特産品を納入することになったメンバーが見学をかねて出向きました。


100723 antenasyoppu 1.jpg
永山駅方面からグリナード永山を見たところです。
赤・黄の丸の中が、アンテナショップです。

アンテナショップの名前は「ポンテ(Ponte)」
イタリア語で「架け橋」を意味するのだそうです。
多摩市と富士見町の交流と発展を祈って、架け橋になるよう願いが込められています。

ポンテの、運営・販売は、多摩市の「NPO法人 シーズネットワーク(HPはこちら)にお願いしています。
子育て支援の活動から立ち上がったNPOだと聞いています。
そこから発展して、女性の社会参加など幅広い活動をなさっているようです。

富士見町からは特産品の蕎麦や「そばどら」、古代米関連商品等も並んでいます。
正直、ちょっと品揃えが足りない感があります。
これから、充実させていかないといけないですね。

富士見町の特産品、そして観光PR,宜しくお願いいたします。

100723 antenasyoppu 2.jpg
オープニングセレモニーのテープカット。
真ん中の女性が、ポンテの渉外マネージャーの岡本さんです。
若くて魅力的な女性です。^^

100723 antenasyoppu 3.jpg
オープン直後のテンポ内です。
30平方メートルと狭いので、10人も入ると満員状態。

100723 antenasyoppu 9.jpg
多摩市産の新鮮野菜。
多摩市サイドは、地元産の野菜販売を主流にしています。

100723 antenasyoppu 4.jpg
生のルバーブの陳列状況!
温度の変化が心配なので、冷蔵庫に入れていただくことにしました。

100723 antenasyoppu 5.jpg
棚の陳列。
カゴメのトマトジュース、ちるちるさんのジャム、ルバーブジャム、ひまわり油、富士見の水などなどが並んでいます。

真ん中の段にあるのがルバーブジャムです。

100723 antenasyoppu 6.jpg
富士見町から、そばの苗の販売もありました。
早速ご購入。「ありがとうございます!」

富士見町民からみると「へぇ~ 蕎麦の苗が売れるの~?」
という感じですが・・・
確かに、あの白い花も、三角の実もかわいいですよね。

100723 antenasyoppu 7.jpg
さすが、多摩市です。
キティーちゃんが応援に駆けつけました。

100723 antenasyoppu 8.jpg
テンポの外に設置した大型のスクリーン。
富士見町の観光スポットの紹介が流れています。
1回10分くらいのものが、繰り返し流されるようです。

これからも随時、四季折々の景観、イベントなどの情報が更新されるそうです。

お近くにお住まいの方は、ぜひ一度立ち寄ってみてくださいね!


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。