えんじぇる屋                 信州・富士見高原の真っ赤なルバーブ

真っ赤なルバーブを特産品にしようと頑張っています。           特産品化への活動や、ルバーブを使ったレシピを ご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ルバーブ畑の見学会

ルバーブ生産組合の会員も少しずつ増え、耕作面積も増えました。
特に松目地区の男性方は精力的に頑張っています。

今年株分けした畑が、ものすごく元気ですでに収穫可能です。
株と株の間も広く、体験するにもとってもよさそうな畑になっています。

他の会員の畑の見学会をして、各自の畑作りの参考にしたいとの要望がありました。
できれば、4~5件くらいの見学をしたいと思って見学会を企画しました。

役場の駐車場に集まって、車を乗り合わせて出かけました。

農協の富士見店・あぐりの直売場に出している生産者が何人かいるのですが、
その中でも、いつもきれいなルバーブを出していると評判の中山さんの畑から
090715 ruba-bubatake kengakukai.jpg
机地区の、中山さんの畑です。
20号線に向かって下りるの斜面にある畑です。

090715 ruba-bubatake kengakukai.1jpg.jpg
株分けをして3年目くらいの株だそうです。
細めで、虫の害も少なく、きれいなルバーブでした。
富士見のルバーブは、赤いのは外の表面です。
茎の中は緑色なので、細い方がジャムにした時にきれいな赤い色になります。


090715 ruba-bubatake jinndou 1.jpg
松目地区にある、神藤さんの畑。
今年、新たに増やした畑で、ここだけで、350株くらいはあるそうです。

090715 ruba-bubatake jinndou 2.jpg
今年の春株分けしたルバーブです。
立派になりました。
株分けした年は、肥料がいいとこのくらい太くなります。
先ほども書いたように、太さは好みですね。

090715 ruba-bubatake jinndou 3.jpg
株間の広く歩きやすいし、八ヶ岳の展望もすっごくいいです。
八ヶ岳は、ちょっと位置が変わると、その姿もまったく変わってきます。
境地区の我が家から見える八ヶ岳は、なだらかで穏やかな八ヶ岳です。
みなさん、自分の家から見える八ヶ岳が一番、と思っているようですが・・・

収穫体験するのに、よさそうです。
夏休みでも、もしご希望がありましたら、お声をおかけください。




この日は暑くて、2件見たところでみなさん「もう暑いから帰ろう!」なんて言い出しました。
そこに、神藤さんが「少し早いかもしれないけど、スイカでも食べよう!」と、畑からスイカを取って来てくれました。
090715 ruba-bubatake kaigi 1.jpg
「そうしよう!そうしよう!」
こんなときは、すぐに意見がまとまります。  
町民センターにスイカを持って行って、会議をすることになったのでした・・・^^;

090715 ruba-bubatake kaigi 2.jpg
確かに・・・ちょっと早かったけど、見た目よりおいしかったです。
みんな、暑くってのどが渇いていたので、ガツガツ(私だけか???)行きました。^^;

090715 ruba-bubatake kaigi 3.jpg
ペンション・アンさんが、いつもおいしいパウンドケーキを焼いてきてくれます。
食べるので忙しくって撮るのを忘れましたが、ルバーブジャムを入れたパウンドケーキでした。
今度、ズーラでケーキ作り体験のときに作ってみようというケーキだそうです。
おいしかった!
「諏訪温博・ズーラ」の今年のプログラムについては、9月7日からWEBでご覧になれるそうです。


なんて言うと、いつも食べてるだけの会のようですが、しっかり相談もしています!
試供品提供の葉書も、もう50通出してみることになりました。

富士見町の町長選が8月9日にあります。
新人の小林さんの応援で、混乱の日々を送っています。
本当は、選挙って好きじゃないんですけど・・・
何だって、毎回、関わっちゃうんだろう・・・・   
はあ・・・    ^^;

スポンサーサイト

PageTop

富士見いのルバーブがLCVに登場

7月10日に、地元放送局のLCVの「出前迅速! じきつく」で、富士見町のルバーブの生放送がありました!
道の駅「蔦木宿」に縁の深い生産組合の今井さんに「こんにゃく作り」の話があったそうです。
でも、この時期こんにゃく芋はありませんよね。

そこで、富士見町のルバーブのジャム作りを取り上げてもらえることになったそうです。

当日は、上蔦木の集落センターをお借りして撮影が行われました。

090710 lcv satsuei 1 .jpg
外で「ルバーブってなに?」から説明

090710 lcv satsuei 2 .jpg
集落センターの台所で、ジャム作りの撮影。
切って、砂糖にまぶして・・・

090710 lcv satsuei 3 .jpg
なべで煮ているのは、生産組合・副会長の神藤さん。

090710 lcv gochisou .jpg
生産組合の皆さんが作ったご馳走が並びました。
ジャム作りの後は試食タイム。

090710 lcv cya-han .jpg090710 lcv manjyu.jpg
今井さんのルバーブチャーハン&お饅頭。
ルバーブの赤いと酸味がさっぱりとしたチャーハンに仕上がっています。
餡の中のルバーブは、イチゴ大福のような感覚で合いますよ。


090710 lcv taruto.jpg
娘さんの出産でお孫さんのお世話で忙しいと、当日は参加できなかった名取さんのタルト

090710 lcv kanten .jpg
五味さんの寒天とドレッシング。
ちょっと硬めでしっかりした寒天のかなに、ルバーブの甘ずっぱいルバーブが合ってました。

090710 lcv sarada .jpg
平出さんの持ってきてくれたちりめんレタス、初めて食べました。
ちりめんみたいに縮れていてやわらかいレタスに、トロットしたルバーブドレッシングが絡んでました。

090710 lcv shifon .jpg090710 lcv ke-ki .jpg
おなじみの、私のシフォンと、ルバーブのケーキです。


090710 lcv pai.jpg
そして、なんと言ってもお勧めなのがこれ!!!
富士見町の「菓子工房・キャトル・セゾン」のルバーブパイです。
私も、ルバーブを使っていろいろとお菓子を作ってみましたが、ここのパイは絶品です!
ルバーブはイギリスにいる時からいろいろ食べている夫のジェルミも絶賛です。


これらのご馳走をいただいて、私は早々に失礼・・・
家族と千葉の実家に向かいました。

PageTop

最近の生産組合、頑張ってます!

最近のルバーブ生産組合、頑張ってます。
首都圏のスイーツ系のお店をランダムに選んで、試供品提供の往復葉書を出してみました。
お返事をいただいたお店に、300~500gのルバーブを送って、試しに使っていただき、販路拡大を目指そうと言う作戦です。

生産者も少しづつ増え、昨年の富士見町全体の生産量は1,000kgを越えました。
今年は、皆さんが株分けをしているため、本気で収穫すれば3倍くらいにはなるはずです。
そこで、富士見町のルバーブのPRのためにも、生産組合として、今年はお店で使ってもらうことに力を入れることにしました。


0906 ruba-bu shikyouhin.jpg

0906 ruba-bu shikyouhin.j2pg.jpg

50枚葉書を出して、お返事をいただいたのが12店。
そのうちの試供品を希望されたのが11店。
注文につながったお店が、現在のところ3件。

なかなか厳しい・・・
でも、着実に一歩一歩進んでいると言う手ごたえを感じています。

もし、反響が大きくって、どっと注文が来たらどうしよう・・・
なんて、心配をしていたのですが、捕らぬ狸の皮算用だったようです ^^;
今年は、5月が結構寒かったですよね。
それがよかったのか、今年株分けをした生産者も多いせいもあって、これからも随時収穫できそうです。
もうちょっと、葉書を送ってみようと、みなさんと相談したところです。



生産組合として、今年のもう一つの目標は「体験事業」
収穫して、ジャムやケーキづくりをして、お土産にするというものです。
生産組合に、ペンションが何件か入ってくださったこともあり、活動に幅が持てそうです。


このブログをご覧になった方から、一緒にやらないかとお声を掛けていただくこともあります。
でも、あくまでも基本は、「生産者と消費者が直接つながること」を目指しています
将来的には、わかりませんが、今のところは自分達の力で販路を探して、直接に使っていただける方と関係を作っていくことに拘りたいと思っています。
どうか、ご理解いただけますよう、お願いいたします。

もし、お店で使ってみたいと言う方がいらっしゃったら、試供品をお送りいたします。
以下までご連絡をお願いいたします。
chiyokoa@po19.lcv.ne.jp

また、収穫体験をしてみたいと言う方がいらっしゃったら、あわせてご連絡ください。
その後のジャム作りやケーキ作りの体験についても、ご相談いただければ応じられると思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。