えんじぇる屋                 信州・富士見高原の真っ赤なルバーブ

真っ赤なルバーブを特産品にしようと頑張っています。           特産品化への活動や、ルバーブを使ったレシピを ご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

食のイベント

21日に第3回目となった「ふじみ高原地元食材フェスティバル」が開催されました。
内容は大きく3つ。地元食材を使った「千人鍋」、料理の試食「食の市」、「ふじみ自慢料理コンクール」

会場の外で行っていた「食の市」
091021 syokunoichi 1.jpg
地域の食材を生かした料理の試食です。
ルバーブ生産組合でも、「ルバーブの寒天流し」とルバーブジャムの試食をしていただきました。
他のブースをゆっくり見ている暇がなくって、ちょっと残念。
でも、それぞれのブースから試食だけはゲットしました。

私のお気に入りは、つぶしたジャガイモにエゴマを混ぜたものなんですが、それがクレープの中に入っていました!
そのほかにも花豆、そばの天よせ、エゴマのおはぎ・・・などなど・・・
地元で生かされてきた食材をこれからも大切に受け継いで行きたいですね。
そうそう・・・千人なべのすいとんも・・・どれも美味しかったぁ~




「ふじみ自慢料理コンクール」
     今回はテーマが設定されました。
エゴマ・ブルーベリー・そば・ルバーブ。
それぞれ富士見町の地元の食材。ルバーブもテーマの一つに入れて頂き、うれしいです。
4つの食材を生かしたアイディア料理が並びました。

時間があまりなく、ゆっくりコンテストの会場も回れなかったのですが、今年も学生の部に11点の応募があってうれしいですね。
(大人の応募作品は21点)
一応入賞作品を大人の部と学生の部で3点づつ選ばれたのですが、審査員の講評のように「選ぶのに苦慮した」作品ばかりだったようです。


《入選作品》
学生の部 (3点)
0910 konntesuto 2.jpg
「ルバーブクッキー」 南中郷土料理ゼミ・中山奈美さん
お片づけの時にちょっと試食させてもらったのですが、これはさくっとしたクッキーの中に、ちょっとトロッとしたルバーブジャムの食感もよくとっても美味しかったです。
どこかのお店で商品化、してくれないかなぁ~

0910 konntesuto 1.jpg
「ブルーベリーとチーズの揚げ×2 ワッショイ    南中郷土料理ゼミ・名取忍さん
この盛り付けは、諏訪地方の「御柱」のお祭りをイメージしているそうです。
さすが、子供の発想ってたのしい!!!

0910 konntesuto 6.jpg
「チュロスwithルバーブジャム 」       南中郷土料理ゼミ・名取葵さん
どれも、コンクールの作品は試食できなくって残念です。


大人の部(以下3点)
0910 konntesuto 3.jpg
「エゴマよ! チキン」       今井博美さん
実は、南中郷土料理ゼミの先生の作品。
さすが!です。
エゴマって肉料理にも合うんだそうです。そりゃそうだ。
今度、やってみよう・・・

0910 konntesuto 4.jpg
「富士見のあぶらえマプリン」    矢沢里子さん

0910 ruba-bu tebamoto 2.jpg
「手羽元と野菜のルバーブ煮」    エンジェル千代子
これは、spiseさんの料理からヒントをいただきました。
ルバーブって結構酸味が強いし、熱を加えるとすぐに崩れてしまうので料理に使うのは難しいと思っていたのですが・・・
最後に入れて熱を加えたら、煮崩れる前に火を止める。この方法でクリアです。
でも、気をつけないと崩れてしまうので、当日はルバーブだけ別のタッパーに入れて持っていって盛り付けました。

以前、spiseさんの作ったお料理を送っていただき、みんなで試食したのですが、その中のプルシチが美味しくって、私は我が家でよく作る手羽元の煮物に応用してみました。
ルバーブを最後に入れるだけでは、物足りないので、ケッチャップの変わりにルバーブジャムを少し入れてみました。
後は、最後にきれいな赤いルバーブを残したかったので、砂糖に漬けたルバーブを使ってみました。
0910 ruba-bu tebamoto 1.jpg
このルバーブの砂糖漬けを使いました。

でも、この料理で賞をいただけるとは思っていなかったんでびっくり!
私の本命は、ルバーブの豚肉巻きだったんですが・・・  ^^; 

spiseさん!!!
いろいろなアイディアを、ありがとうございます。  m(_ _)m


今回の食のイベントでは、試食用のはしや皿・茶碗などの持参を呼びかけていました。
1000人ほどの来場があったそうですが、半分の方の協力があったようで、こちらもとってもうれしい話です。





スポンサーサイト

PageTop

ルバーブのブタ肉巻き

ルバーブのブタ肉巻き

speiseさんにアイディアをいただいて、ルバーブを薄切りの豚肉で巻いてみました。
思った以上の赤い色が出て、大満足!

0910 ruba-bu butanikumaki 1.jpg
豚肉の梅肉巻きってやるじゃないですか?
そのイメージです。

0910 ruba-bu butanikumaki 0.jpg
今のルバーブを使うと、とっても赤がきれい!
切った時、すっごくうれしい!!  ^

PageTop

ルバーブの寒天流し

又また、富士見町のルバーブを使って、ブログに紹介してくださった方がいます。 \(^.^)/

Rosermaryさんがご自分のブログで、紹介をしてくださっています。
10月17日にはりんごとルバーブのジャム
10月19日はルバーブタルトです。
すっごく美味しそう!!!
ぜひ、覗いてみてください。


私も富士見町の食のイベントの、試食用に寒天流しを作って見ました。

0910 ruba-bu kannten 0.jpg
ルバーブを1.5cmくらいに切り、グラニュー糖にまぶして3日くらい置きます。

0910 ruba-bu kannten 2-1.jpg
真っ赤なジュースで中まで真っ赤に染まりました。
まずは、ルバーブと水分を分けておきます。
ジュース分に水を加えて分量の水分にします。(粉寒天4gで500mlの寒天が作れます)
水分と砂糖、粉寒天を火にかけ、沸騰してから更に2分ほど煮溶かします。

0910 ruba-bu kannten 2.jpg
ルバーブの実の部分は熱を加えると、すぐに形が崩れてしまいます。
ルバーブを入れたら1~2分で火を止め、型に流し込みます。

ルバーブのシャッキ!とした食感が残る方が美味しいと思います。
食のイベントでは、ジャムとこの寒天流しを試食していただきました。

PageTop

赤いルバーブ、富士見町の特産品への道

赤いルバーブ、富士見町の特産品への道
私が送った一通のメールで、いろいろな方にブログで富士見町のルバーブをご紹介いただいています。
これって、すご過ぎ!!!


★先日もご紹介しました
spiseさんのブログ  真っ赤なルバーブはいかが
富士見町の赤いルバーブを使った料理のために、新しくブログを立ち上げてくださった方です。
spiseさんの本家のブログ    Prisonerを聞きながら・・lives in the Kitchen 
こちらも、ぞっこん楽しめます!

ネットで知り合いになれた方って、どこに住んでいてどんな生活をしているのか分らないですよね。
何回もメールのやり取りをしているうちに、その方がどんな方なのかが少しずつ分ってくる。
このspiseさんは本当にびっくりでした!!!
私が最初にイメージしていた「このブログを書いているのは、こんな人かな・・・?」を見事に裏切ってくれました。

まだまだたくさんのアイディアをお持ちのようです。
赤いルバーブが、次はどんな料理に変身するのか、いつもドキドキです!



★Mis BERRYさんのブログ 優しいおもてなし
ブログのタイトル通り。
心配してくださって、あちらからお電話を下さる本当に暖かい優しさのあふれる方です。
ジャム作りのプロであることを生かして、全国で教室を開き、町の活性化にも貢献していらっしゃる方です。


★あつさんのブログ    ParadoX Kitchen ~矛盾厨房~
先日、あつさんのブログを見た方からメールがあり、ルバーブの注文をしていただきました。
うれしいお話です。
大変にご多忙な方だと伺っていますが、それでもこうしてブログにご紹介頂き、本当にありがたいです。


★カイエさんのブログ   月桂樹 ~Laurus-nobilis~
カイエさんにも、本当に親身になってご協力いただいています。
ブログのカテゴリーに「富士見のルバーブ」まで作っていただいています。
皆さんのこうした協力を生かせるような整備もしないと・・・とほほ・・・


★最後になりましたが、こうした皆さんをご紹介くださった 
hanabeeさんのブログ   hana*bee の day by day
私の書き込みにすぐに協力してくださって、お知り合いを紹介してくださいました。
その後も、いろいろと提案してくださって、こんなにしていただいていいのかな・・・と不安にさえなります。
これって、今回お知り合いになれた皆さんに言えることなんですけど・・・・

hanabeeさんには別の顔もあって、無理をしない国際交流日々 通り過ぎる風
こちらの活動にも、大変に共感いたしました。
最近のなナイトバザールの話などを読んでいると、それぞれの人たちの想いがぎっしり詰まっているんだろうなぁ~と思っただけで胸が熱くなってしまいます。



hanabeeさんにだめもとで書いたブログの書き込みのお陰で、ここまで皆さんにご協力いただいています。
私が何とか富士見町の活性化のために・・・と思うのは当然です。
でも、たまたま私からの協力依頼にここまで皆さんに親身になっていただけるなんて考えてもいませんでした。
どの方も「富士見のルバーブで富士見町が元気になると良いね」と、協力をしてくださっています。
富士見町の住民にとっては、本当にありがたいことですね。

ただ、残念なのがこうしたつながりやブログを、一緒に活動しているおばさんやおじさんたちが毎日見る事が出来ないこと。
機会があれば、お見せするのですがネットのスピードには到底追いつかない。


私自身、時々ネットのあり方って、どうなんだろう・・・と、考えてしまうことがあります。
でも、今回のことでは、人と人との出会いがネットを通じて広がることを体験して、本当に感謝しています。

距離の広さ、時間の早さには少々驚きは隠せず、おばさんとしてはついて行くのに必死ですが・・・  ^^;

PageTop

斬新なルバーブ料理

富士見町の赤いルバーブを使ったお料理の紹介をspiseさんがブログに載せてくださいました!
これはちょっと斬新!! 驚き!! です。

spiseさんも、先日のhanabeeさんからご紹介いただいき、ご協力をお願いした方です。

富士見町のルバーブが、普段料理をしていらっしゃる都会の方に、どのくらいの評価をいただけるのか。
また、使っていただいた感想をご自分のブログにご紹介いただければそれだけでも、すごいPRになりますよね。

spiseさんにルバーブをお送りしたところ、早速料理を作ってブログに載せてくださいました。
→ 真っ赤なルバーブはいかが 「ルバーブを使った酸味の合うボルシチ」
ビーツの変わりにルバーブかぁ~  なるほど。


spiseさんは
「Prisoner を聴きながら・・  Lives in the Kitchen・・」と言うHPをつくっていらっしゃいます。
こちらにも、おいしそうな料理が満載です。
写真の使い方、コメントの載せ方。センスのよさが光っています。 
勉強になります。

ぜひ一度ご覧ください。


先日のberryさんといい、本当に感激です。

でも、まだご協力をお願いしている方がいらっしゃいます。
また、うれしいご報告が出来るかも知れません!


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。