えんじぇる屋                 信州・富士見高原の真っ赤なルバーブ

真っ赤なルバーブを特産品にしようと頑張っています。           特産品化への活動や、ルバーブを使ったレシピを ご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ルバーブクランブル



050529_rhubarb_1.jpg
ルバーブクランブルです。

050529_rhubarb_05.jpg
熱々のルバーブクランブルに冷たいアイスクリームを添えて食べます。
これはルバーブが取れる時期の我が家のお勧めデザートです。

茎の部分を3センチほどに切って、そのルバーブの重さの3割から5割のお砂糖とまぶします。
それをパイ皿にひいて、上からクランブル生地を上からかけて焼くだけです。
我が家では、ジャムにする時も、酸味があった方がいいので3割ほどの砂糖で抑えています。
クランブルにしてアイスクリームなど、甘い物を添える時には、やはり抑え目の3割くらいがお勧めです。

いろいろな方に食べていただきましたが、「こんな食べ方は初めて」と言う方が多く、皆さんにおいしいと言っていただいてます。
ルバーブとアイスクリームの愛称は絶品です!

作り方

材料
 クランブル用 
 ・バター      60g                   
 ・薄力粉     90g                 
 ・グラニュー糖    25g
 
 ・生のルバーブ    350g~400g
 ・砂糖        ルバーブの重量の1/3


作り方 
準備 : 
① クランブルを作る。  
  砂糖を入れたボールに小麦粉を振り入れ、冷やしたバターをボールの中でざく切りにして指でつぶ  すようにして、バターを粉になじませてポロポロになるようにする。
ポロポロになったら冷蔵庫で約20分冷やしておく。
   (クランブルはフードプロセッサーで作ると簡単です。)
② 生のルバーブをきれいに洗い、2~3cmに切って重量の1/3の砂糖にまぶす。
③ ②をパイ皿にしき、その上から①の用意してあったクランブルを全体にルバーブが見えなくなるようにかける。
⑧ 200度に熱しておいたオーブンで表面に焦げ目が付くまで25分ほど焼く。
  クランブルにきれいな焦げ目がつたら出来上がり!

 熱々のクランブルに冷たいアイスを添えて召し上がってください!

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。