えんじぇる屋                 信州・富士見高原の真っ赤なルバーブ

真っ赤なルバーブを特産品にしようと頑張っています。           特産品化への活動や、ルバーブを使ったレシピを ご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ルバーブ・富士見町特産物への道

ルバーブ・富士見町特産物への道
我が家の赤いルバーブを春一番、生産希望の皆さんに株分けをしました。

我が家の赤いルバーブを特産品にできないか、本格的に考え、株分けから初めて4年目に入ります。
3年前に株分けをした皆さんが、今年くらいからかなり収穫が見込めそうです。
昨年は、富士見町の塩崎パンでも、製品に取り組んでいただき大きな一歩を踏み出せました。

春一番、と言っても富士見町では4月に入ってからですが、希望の皆さんに株分けをしました。
県の普及所の担当者に、有機栽培のための土作りの講習を30分ほどお願いしました。
作付け面積に対する収量は少ないのですが、富士見町でも休耕田、荒廃地が広がっています。
ルバーブは、ほとんど手が掛からないので、遊んでいる畑に植えていただきちょっとした収入に繋がれば・・・と考えています。

我が家では15年ほど、まったくの素人で有機栽培・無農薬で作っていますが、問題はありません。
まずは、富士見町の皆さんに「ルバーブ」を知っていただく事。
そして販路を少しづつ、広げて行きたいと思っています。

070409_rhubarb kabuwake_1.jpg

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。