えんじぇる屋                 信州・富士見高原の真っ赤なルバーブ

真っ赤なルバーブを特産品にしようと頑張っています。           特産品化への活動や、ルバーブを使ったレシピを ご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

地域食材フェスティバル

地域食材フェスティバル
11月12日に 
女性が元気 「ふじみ高原 地元食材フェスティバル」 が開催されました。

富士見町の元気な女性たちの発案から始まり、町の商工観光課とが、がっちり連携を組んで進められた企画です。

大きくは3つの催し。
★「地粉すいとん千人鍋」
★「食の市」・・・地元の食材を生かしたオリジナル料理の商品化を目指し、皆さんに試食をしてもらいます。
★「ふじみ料理グランプリ」・・・地元の食材で作った料理を一般公募

食の市
「食の市」にもルバーブを知って頂きたくて参加しました。
本当は、以前もご紹介したように熱々のルバーブクランブルに冷たぁ~いアイスをそえて食べて欲しいのですが、500食を会場で用意するのは不可能です。
ケーキ台の上にルバーブクランブルを乗せて焼くことにしました。
500人分はかなり大変でした。 =´、`=)ゞ

「食の市」は、あぶらえ、そば、大豆、花豆、ジャガイモ、あわ、水、ルバーブの各台所を一つのブースとして、料理の試食を行いました。
この日は、忙しくって写真を撮っていません。
夫のジェルミの撮ってくれた写真でちょっと様子が分かるでしょうか・・・???
051112 syokunoibento 1.jpg
「ルバーブの台所」
ルバーブクランブルとジャムの試食。それと友達が作ってもってきてくれた富士見のヨーグルトのゼリーにルバーブのジャムを沿えての試食もありました。
農技連の作ったルバーブの鉢植えを借りて展示して皆さんに見ていただきました。
また、生のルバーブも興味のある方には多少ですが差し上げてみました。
とにかく、ルバーブを知っていただく為に、この日はちょっと力が入ってました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ふじみ料理グランプリ’05
051112 syokunoibento 2.jpg
グリーンカルチャーのロビーでは、ふじみ料理グランプリの応募作品が展示されました。



≪メインメニューの部≫
051112_fujimi shokusai_100.jpg
①簡単!ヘルシー!納豆キッシュ
②三色おはぎ
③ヘルシーコンニャク寿子
④八ヶ岳焼き(そばうす焼き)

≪サイドネニューの部≫
051112_fujimi 3.jpg
①大豆と根菜の豚煮込み
②野菜のあぶらえ風味
③初乳豆腐のサラダ
④ブロッコリーのツナゴマ和え
⑤ポークソテーのルバーブソースかけ
⑥じゃがいものえごま入り茶巾しぼり
⑦野菜の白菜巻き
⑧万能トマトジャム
⑨食物繊維の宝庫ヤーコンの袋煮
051112_fujimi.2.jpg
いももちのモウちゃんなべ    牛乳(初乳)豆腐での白和え


≪デザートの部≫   名前の分からない物もあって・・・申し訳ない。
051112_fujimi 4.jpg
①あぶらえねじり菓子
②枝豆ゼリー
③富士見の晩秋
④大豆菓子
⑤えごま入りクルクルパーちゃん
⑥ブルーベリーそば羊かん
⑦そばだんご
⑧ふじみっこだんご
⑨黒豆菓子

051112_fujimi 5.jpg
①かぼちゃゼリー
②ソバ・デ・ソ・ロール
③サツマイモパイ(リンゴくるみ入り)
④かぼちゃゼリーと枝豆ゼリー
⑤高原シリーズ野菜万十
⑥カリン砂糖煮
⑦黒豆の天よせ
⑧かぼちゃ団子
⑨黒豆ゼリー

051112_fujimi shokusai_teisei.2.jpg

①黒豆ジュース
②黒豆のクリームチーズ和え
③黒豆大福
④豆乳黒豆寒天
⑤黒豆のきな粉もち





そして・・・・結果は・・・???

メインメニューの部
大賞     「八ヶ岳焼き」(小林節子さん)
優秀賞    「三色おはぎ」(いずみ会・五味ミエさん)
アイディア賞 「ヘルシーこんにゃく寿司」(下蔦木グループ・今井良美さん)

サイドメニューの部
大賞     「じゃがいものえごま入り茶巾しぼり」(矢沢里子さん)
優秀賞    「いももちのモウちゃんなべ」(五味勢津子さん)
アイディア賞 「ポークソテーのルバーブソースかけ(五味美香さん)

デザートの部 
大賞     「高原シリーズ野菜万十」(蔦木グループ・今井良美さん)    
優秀賞    「富士見の晩秋」(エンジェル千代子) ・・・やったぁ~万歳!! \(⌒▽⌒)/゜
アイディア賞 「黒豆のクリームチーズ和え」(新田たつば会・雨宮いつ子さん) 

各部門大賞の中から選ばれたグランプリは、蔦木グループの「高原シリーズ野菜万十」です。
あぶらえ入り餡、じゃがいも、セロリ、大根菜など、高原の野菜たっぷりのお饅頭でした。
試食できなくって残念!


私の「富士見の晩秋」が、前回ご紹介した、乙事豆とルバーブの羊かんです。まさか、賞をもらえると思っていなかったので、素直にうれしかったです。
最後は、投げやりになっていましたが、これで餡子とルバーブが合うって、私だけの感覚ではないって事ですよね!?


入賞作品のレシピは、観光情報誌「POAN]に掲載予定です。

スポンサーサイト

PageTop

ふじみ料理グランプリ

2005.11.19
ふじみ料理グランプリ

11月12日 富士見町で初めての試み、食のイベントが開催されました。
地域の食材を生かした料理コンテストがあると聞き、ルバーブを使って出展しようと決めました。
以前、富士見駅前の井筒屋さんのいちご大福を食べた時から、餡とルバーブの赤い酸味は絶対に合うと思っていました。
でも、ルバーブジャムを餡に包むのは難しい・・・
せっかくなので地域の食材にとことん拘って、地元の乙事豆で羊かんを作り、その上にルバーブを寒天で固めて流す事にしました。

さて、豆の調達から・・・
0511 okkoto mene 1.jpg
農技連の畑でも乙事豆を作っていると言うので、頂きに行きました。
乙事豆はさやのまま食べてもおいしいのだそうです。豆にしてしまうと収穫量が減ってしまうので、ほとんどのおばさんたちはさやの時に食べると聞きました。
豆として食べるなら、このくらいになったら収穫時。

職員の話によると、前回、鞘が乾いてから叩いて豆の収穫をしようと思ったら、叩いても硬すぎて豆が落ちなかったそうです。
「今度は、鞘の柔らかいうちに剥いて豆を出します」
どっちにしろ、大変な作業だ!

0511 okkoto mene 2.jpg

0511 okkoto mene 4.jpg
この日はバケツ一杯の収穫。
私は、前回収穫して一週間くらい乾燥させたのもを分けてもらいました。

0511 okkoto mene 3.jpg
さて、これから羊かん作り。
と、言っても初めての経験。どうやって作るんだ?

洋菓子は結構気楽に作ってきましたが、和菓子は作った事がありません。
せいぜい、お汁粉くらい。
それが、羊かんを作ろうと言うのですから、結構大変!

まず、晒し餡を作るところから・・・
ここで、インターネットが活躍。

宇治駿河屋さんのHPがとっても役に立ちました。ここでお礼を・・・本当にありがとうございました。  m(_ _)m

あんまりうれしかったので、皆さんにもご紹介しておきます。
お菓子の教室
http://www.surugaya.co.jp/school/index.html

晒し餡作り
http://www.surugaya.co.jp/school/recipe/koshian/shozuan.html


ここからは、あまりにも長い道のりで、写真を撮る事も忘れていました。
最初は、つぶ餡を作って羊かんにしてルバーブを乗せてみたのですが、やはり口あたりが悪い。
そこで上のHPを参考に晒し餡に挑戦。「こうやって作るのか・・・」やってみると結構大変だけど、面白い。
何よりも、自分で羊かんが作れて感激しました。


051112 syoku-no-ibento 1.jpg
とりあえず、完成品
上にルバーブを流すタイミングがとっても難しい。下に流した羊かんがちょっと固まった時に流すのですが、ルバーブが重いので折角か固まり始めた表面の膜を破ってしまう。
しかも上に流すルバーブの濃度で均等に流れない。
濃くすると色がきれいだけど重すぎる。ゆるくすると折角の赤い色が薄れてしまう。
ルバーブのジャムをミキサーに掛けてみると、赤がピンク色になってしまう・・・。
いろいろやってみたのですが、なかなか上手く行きません。
最後には、結構投げやりになってしまいました。       Σ( ̄Д ̄;)

それでも、12日の料理コンテストにはとりあえず、出展してみました。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。