えんじぇる屋                 信州・富士見高原の真っ赤なルバーブ

真っ赤なルバーブを特産品にしようと頑張っています。           特産品化への活動や、ルバーブを使ったレシピを ご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

バンクーバーのルバーブ パート1

実は・・・  
長女の出産で5月10日から1ヶ月ほどカナダのバンクーバーに行っていました。

バンクーバーは、「多国籍の町」といった印象です。
本当に色々な国の方が住んでいました。
レストランもちょっと歩くだけで何カ国ものレストランを見かけるし・・・
食材もすごく豊。

そんな中でスーパーや日曜のマーケットなどでもルバーブを見かけることがありました。

DSCN4491_convert_36.jpg
毎週開かれている日曜マーケットです。
賑わっていました。

写真はフェイスペインティングのお店。
女の子が顔に蝶〃を書いてもらっていました。

DSCN4479_convert_35.jpg
ルバーブ発見!
太いけど、緑色のものです。
1kg 750カナダ㌦。
1ドルが80円くらいだから・・・そんなに安くないですよね。


110522_vancouver+(3).jpg
赤いルバーブだ!

110522_vancouver+(5).jpg
早速ゲット!!
赤いルバーブも同じ値段でした。  

DSCN4475_convert_9.jpg
赤いルバーブ・レモネードもありました。
「グー」だそうです。

110604_vancouver+(7).jpg
バンクーバーの住宅街を歩いていたら、庭先にルバーブを発見!

110604_vancouver+8.jpg
結構、赤い。
夫曰く
「これが一般的なルバーブの育て方」だそうです。
庭の片隅に植えて、ケーキに使ったりするんだそうです。

さて、ゲットしたルバーブを使って、ジャムとケーキを作ってみました。
そのご報告は、また今度。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。